SponsoredLink

ブーツ愛用者が、ブーツを長持ちさせるために気をつけていることのランキング

ブーツをよく履く人は、どのようなことに気をつけて履いているのでしょうか?

そんなことを調べているランキングを見つけました。


まず第1位は汚れを防止するために防水スプレーをするでした。

ブーツは汚れてしまってから落すのはとても面倒です。

汚れないための対策、重要ですね。


第2位は同じ靴を翌日履かないでした。

同じブーツを続けて履くと、傷みやすくなりますし、何といっても臭いの元となる雑菌が繁殖しやすくなります。

ブーツは1度履いたら休ませるが鉄則なのですね。


第3位は雨の日は長靴や合皮の靴を履くでした。

ブーツは元々、雨に強いようにできているようですが、合皮だと、さらに撥水効果があるみたいですね。


第4位は、会社などではスリッパに履き替えるでした。

これも、第2位の同じ靴を続けてに通じるものがありそうですね。

ブーツは履いている時間が長ければ長いほど雑菌が増えてしまいますので…。


第5位は、ヒールの太い靴を選ぶでした。

これはブーツよりもパンプスの方にあてはまることなのかもしれないですが、ヒールが細いものは歩いていて疲れてしまいますものね。


第6位は、靴クリームを塗るでした。

靴クリームは、表面のツヤを出し、保湿してくれる効果があります。

皮の油分が少なくなるとカサカサになってしまうので、きちんとクリームを塗りましょう。


第7位は、雨の日に履いたら新聞紙を入れるでした。

ブーツは雨に強いですが、それでも湿ったままにしているとカビの原因になってしまいます。

インクが気になる人は、ティッシュでくるんで入れるといいようですよ。


第8位は、靴に消臭剤を入れるでした。

ブーツは、密閉性が高い分、臭いもすごいです。

ブーツを履くときは裸足にブーツだったり、ストッキングを履いてブーツを履いたりと、汗をかきやすいし、吸ってくれるものも他にないので、さらに臭いの雑菌が増えてしまいます。

履き終わった後は消臭剤…大事ですね。


第9位は、かかとや靴底を補強するでした。

ブーツは底の部分から傷んできます。

靴屋さんに持っていったら補強してくれるので、お気に入りのブーツは、補強して履くといいですね。


第10位は、シューキーパーを入れるでした。

ブーツは型崩れしてからでは、シワは取りにくいものです。

シューキーパーも脱臭効果のあるもの、クリップで留めておけるものなど、さまざまな物が出ていますので、それを活用するといいですね。


みなさん、お気に入りのブーツを維持するために、様々な工夫をされているようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。